ゴルフクラブ買いました

 今年に入って最初の大きな買い物として「ゴルフクラブ」を買いました。赤い車、赤いゴルフバッグ、赤いシャフトのアイアン、赤いヘッドのパター、、、なのに、ドライバー(1)だけが青い「ゼクシオ 10」でした。クラブを変えても腕がないので大きな意味はないのかもしれませんが、「洒落」好きの店長としたら、とにかく「赤」で決めておきたかったのです。

 今回買ったのは「ダンロップ ゼクシオ イレブン ドライバー」と同じく3番ウッドです。今までドライバーの次は 5番ウッド だったので、フェアウェーウッドとしてこれで150〜200ヤードを打っていました。ロングのときにはもう少し距離が出てほしいときがあるのと、皆さんお持ちなのに自分だけ持ってないと「ヤ〜ダ!」という子供のような気分で、お小遣いをはたいて買ってしまいました。高いので数カ月はお昼抜きかも。。。

 店長のスイングにはこのゼクシオで本当にいいのか、販売店で機械を使ってヘッドスピード・フェース面の角度、などを高速カメラで見てもらいました。スイングやフェースの方向は問題ないしヘッドスピード(42m/S以上)も問題なしなのですが、どうしてもヒールにあたっている(所謂ミート率が低い)のがわかりました。試しにアドレスを後ろに下げてもやはりヒールにあたっているので、しばらく注意して練習をしないといけないです。ヘッドスピードが平均でフェース面も問題なければもっと飛びそうな気がします。
 それと、今回買った3番ですが、もう何年も使っていない(持っていない)番手のクラブですので、これまた練習に行かないといけないです。
 それと気休めでしょうが、クラブヘッドにシールド?(透明な頑丈な被膜を作る)をしてもらいました。実際効果があるのかどうか未知ですが、ま、最大の動機が「洒落」ですものね。

 元来オタク系の店長は飲食での付き合いも下手ですので、ゴルフは身体を使って友達と気楽に集まれる唯一の機会を作ってくれます。趣味ですから下手でもなんでも、とにかくやり続けることに意義がある、ネバー・ギブアップです。本当は仕事にもこの理念が反映できないと行けないですけれどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

サポート終了