スマホのカーナビ

 自家用車のカーナビは古くってDVDタイプです。ソフト(地図データ)は新板が出るたびに入れ替えているのですが、やはり実情には追いついていけないようです。ここ数ヶ月、地図上では山の中を走りながら通勤しています。
 そこでスマホ版の「Yahoo!カーナビ」を試しに使ってみました。スマホは「Docomo SO-02J」を使用しました。前からインストールはしていたのですが、その方法は他のアプリと一緒で難しい点はありません。起動すればGPS測位してよいかとかあれこれ聞いていますが、すべてOKしていかないとカーナビとしての動作が出来ないのでとにかく「OK(又は許可)」です。
 テストとして高速道路は全く使わずに一般道だけ走りました。そこで感じたことは次のような点です。

  1. 音声で「およそ700m先で・・・」「およそ300m先で・・・」って指示をしてくれます。実際の画面上の距離はそれぞれ750m、350mくらいで指示がでていました。一般道としては平均速度が比較的早いのですが指示のタイミングは的確だと思います。
  2. 指示された道路を行き過ぎた時のリルートも非常に早いです。
  3. トンネル内でも画面上の矢印(自車の位置)は止まらずにほぼ正確に移動しています(これはハードに依存するのかもしれません)
  4. 渋滞情報が表示されているかもしれませんが、画面が小さく見る暇がありません。
  5. 目的地に到着後「運転診断」をしてくれるので自分の運転技術の問題点を改善できるかもしれません。私の場合は90点でした。
  6. 電池の消耗は大したことが無いです。また、地図データを絶えず更新しているのかもしれませんが、通信量は20M程度(小一時間、30km程度の走行)でデータ通信容量で問題に成るほどではありませんでした。全く行ったことのない場所なら地図のダウンロード量が多いのでしょうが、一度ダウンロードしてあるデータは差分だけのような気がします。そうでないと、地図用のサーバーや回線が持たないでしょうから。

 カーナビで目的地むけて走っている時、実は画面を見ることは少ないと思います。ほとんど「右に曲がれ」「左に曲がれ」と言う指示で走れています。目的地近くで迷った時だけ画面を見たらいいだけです。その時は止まってしっかりみればいいですから、ちっさい画面でも実用性は十分です。何より、最新の地図が使えるのがとにかく嬉しいです。
 Yahoo 以外にも GoogleMap とかマップファン、ナビタイム、そしてトヨタのアプリなどがありますが、地図の更新速度や頻度はHDDやDVD等の固定媒体の比ではありません。いつでも最新の地図データが使える安心感は非常に貴重なものです。まだ体験されていない方は使ってみて下さい。(殆どの方は経験済みでしょうが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です