オリンピック東京2020

技術部長です。
 オリンピック東京2020が閉幕しました。大きなイベントの時はいつも感じることですが終わってみるとあっという間の17日間でした。
 私は今回のオリンピックをかなり楽しむことができました。普段あまり接することのない競技を見ることができるのが、オリンピックの魅力だと思います。オリンピックが最高の大会ではない種目(男子サッカー、野球)もあります、また、競技自体のレベルは、各競技の世界選手権の方が高かったりもしますが、それでもオリンピックは格別のものがあると感じました。
 それと、自国開催のオリンピックには、時差がないことが大きなメリットだと思います。明日の仕事をあまり気にすることなく、いろんな競技を観戦することができました。ザッピングしながら、世界最高レベルの競技を見ることができるのは、大変楽しいものだったと思います。また、インターネットで各競技の動画をみることができることも今回のオリンピックの楽しみでした。
 私は、昔、すこしだけディンギーをかじっていたことがあるのでセーリング競技は面白かったです。また、私がしているシーカヤックとは方向性がかなり違いますが、カヤック競技も興味深く観戦しました。また、大学時代、ワンゲルで沢をやっていたので、スポーツクライミングのリードも面白かったです。もちろん、あのような超人的な技量が必要なところに行ったことはありません。拳法をしている者としては、やはり、空手が面白かったです。形の切れと冴えのすばらしさには、言葉もありませんでした。また、寸止めルールの組手は、なんとかついていけましたが、正直なところを言えば、フェンシングのような仕組みがないと経験のない人には何が起きているかわからないのではないでしょうか?今後、工夫されていくことを期待したいです。男子サッカーは、ほんとうに惜しかったです。あのスペインが、ラストで時間稼ぎをするくらい追い詰めたといえると思います。3位決定戦のメキシコ戦は、点差ほどの力の差はなかったと思います。歴史的な勝利を収めた競技もありました。フェンシングの男子エペ団体、女子バスケットボール、卓球、アーチェリーでは素晴らしい結果を残せたと思います。一方、オリンピックという大舞台ではなかなか実力を出し切ることは難しいと思われる中、勝利を期待されて、その通り、メダルを獲得された柔道やレスリングの選手の精神力に感銘を受けました。
 また、多くのアスリートが「オリンピックを開催してくれたこと」に感謝されていることにも感動しました。
 残念ながら、多くの会場では、無観客となってしまいました。テレビや動画での観戦と会場で直接観戦するのでは、うける感動が全く違います。それでも、私は今回の東京オリンピックを十分に楽しむことができましたし、感動や感銘をうけることも数多くありました。わたしも、オリンピックを開催し、支えていただいた多くの方々に感謝したいと思います。
 コロナウィルスに対するワクチンや抗体カクテルなどの治療法によって、コロナウィルスへの対応が進んで、スポーツを「普通に」観戦することができるようになるのを本当に願っています。また、一日も早く「普通の」生活が戻ってくることを願っています。
 来年の2月には冬季オリンピックが北京を中心に開催されます。また、3年後はパリでオリンピックが開催されます。その前に、8月24日から東京パラリンピックが開催されます。アスリートの皆さんの力が出し切れるような大会となることを心から祈り、また、応援させていただきたいと思います。
 では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

大規模接種2回目

次の記事

新型オービス?