ブルートゥース・イヤホーン

 長年使ってきた有線式イヤホーンが壊れました。完全に壊れたのではなく、右側のスピーカー結線部付け根の被膜が破れてしまったのです。最初は接着剤でとめたりしていましたが、結構力がかかるのかすぐに取れてしまいます。まだ音は出ますが、4年ほど使っているので買い換えることにしました。

 昔キャッシュカードのポイントを貯めてもらった結構上等のBOSEブルートゥース式イヤホーンも持っているので、それをiPadからスマホ用に再設定して使うことにして数ヶ月たちます。散歩など軽い運動をする時に重宝しています。ある時、読書中のiPadで音楽を聞こうとしたら3.5ミリのオーディオ端子がありません。BOSEのイヤホーンはマルチデバイス対応ではないので、もう一つ買わないといけないわけです。iPadは読書に使う機会が多いのですが、音声での読み上げとか、ながらBGM用に必要なんです。

 そういう理由で今回買ったのが、「1MORE Bluetooth イヤホン EHD9001BA (ブラック)」です。仕様には「アクティブ ノイズキャンセリング LDACコーデック対応 最大20時間連続再生 Hi-Res 高音質 ENCマイク内蔵 通話対応 IPX5防水 デュアルドライバー搭載 ネックバンド インナーイヤー型 ANC ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0 マグネット収納」などいっぱい書かれていますが、首掛け式のブルートゥース・イヤホーンです。首掛け式にしたのは、流行りの左右独立式無線イヤホーンは絶対に片方なくすのと服装に左右されることが少ないからです。店長、左右の耳の穴の大きさが違うし耳殻が比較的小さいようで、インナー式イヤホーンがうまく固定できないので絶対に左右スピーカー部は繋がっていないと無くしてしまうからです。

 ここで、音質とかもっともらしいレビューを書かないといけないのでしょうが、BOSEと比べても音質・音量など大きな差はないように思います。有線式と比べても大きな差は感じられません。店長では「わ・か・ら・な・い」という方が正確でしょう。ただ、内蔵DACかアンプの性能でしょうか、ダイナミックレンジはこちらのほうがやや高い(大きい)と感じます。小さい音から大きな音までの幅が大きい感じです。

 ハイレゾ対応ということですので、オンキョー(頑張れと応援中!)などのハイレゾ音源やアマゾン・ミュージックHDを契約してJ-POPやJ-JAZZを聞きながら読書&聴書と洒落込もうかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

Google Chromebook

次の記事

PCリモート電源ON