クッキー

 ウェブマーケットのプロショップ(通販システム)が、一部のブラウザから利用できなくなっていました。具体的には、商品を選択し、カートに入れても、次の画面では「カートに商品がない」と表示されてしまうというものでした。ご不便をおかけしました。
 今日は、この不具合の原因と対応についてお話したいと思います。ホームページが表示される仕組みに関わるところなので、少し、技術的な話になります。
 11月24日に店長から「お客さんからサーバーエラーで買い物ができない」とのクレームがあると連絡がありました。先日、サーバーダウンへの対策をとったばかりなので、サーバーがダウンしているとは思えませんが、念のため確認してみると、やはりサーバー自体は正常に動作しています。その後、店長から上記のような現象が起きていると再度連絡がありました。この日は、午前中、少林寺拳法の大会前の特別練習で出先にいたのですが、そこから、サーバーの設置場所に移動して状況の確認をしました。連絡にあった通り、カートに商品が入りません。
 ここで、ホームページが表示される仕組みを簡単にお話しておいた方が、この後の内容が理解しやすいかもしれません。少し、お付き合いください。少し正確性を欠いてしまいますが、なるべくわかりやすく書きたいと思います。詳細については成書を参考にしてください。
 さて、インターネットの「ホームページ」は、HTMLというルールで書かれています。このルールに基づいてサーバーから送られてきた内容をブラウザ(エクスプローラ、エッジ、クロームなど)が画面表示します。HTMLによる画面表示と普通のソフトウェア・アプリとの一番の違いは、「ブラウザは前に表示した画面の情報・内容を全く覚えていない」ということです。このため、前画面から次画面へ情報をすべてサーバー側が「申し送り」をしていく必要があるのです。単純な流れであればデータの引継ぎも簡単なのですが、ある画面からいくつかの画面へ選択して表示したり、違う画面を表示した後で、以前に表示した画面の情報が必要になったりというのは、普通にあることです。「必要になるかもしれない情報をすべて申し送り」するのは、大変な手間ですし、間違いのもとになります。
 そこで考え出されたのが「クッキー」というの仕組みです。この言葉は、実際にたべる「クッキー」からきているそうですが、正確な語源ははっきりしていません。
 サーバーはクッキーを利用者のブラウザに保存しておくことができます。保存期間は「ブラウザが開いている間だけ」から「〇年間保存」まで様々です。クッキーを利用しているサイトは数多くあり、その目的もまたいろいろあります。ウェブマーケットでは、クッキーを「お客様のカートの内容をサーバー側に一時保管しておく」ために使っています。また、保存期間は、「お客様がウェブマーケットのプロショップに滞在しておられる間」に限定しています。つまり、お客様がウェブマーケットのプロショップにおられる間は、どのような商品をカート内に入れておられるかがサーバー側で把握できるようになっています。
 さて、今回発生した問題は、このクッキーのセットができなくなったことで発生していました。お買い物のためにカートに商品をいれても、クッキーがセットできないので、お客様のカート情報を追跡できません。そのため「カートに商品がない」と表示されていました。
 原因は判明したので、次は、なぜクッキーがセットできなくなったのかついての調査です。クッキーのセットにはいくつか方法があるのですが、ウェブマーケットでは、「meta-equiv」という方法を使っていました。読者の中には、そんな古い方法で・・とお感じの方もいらっしゃるかもしれません。このシステムを作ったときには「普通の」やり方だったのですが、今では「推奨されない」方法となっていました。そこで、お客様がお使いのブラウザがバージョンアップされたときに、「meta-equivを使ったクッキーのセット」が不許可になっていました。
 そこで、対応策はクッキーのセット方法を「meta-equiv」から他の方法に変更することになります。今回は、JavaScriptという方法を使ってクッキーをセットするようにしました。これで、カートの問題は解決です。
 これで、従来通りのお買い物はできるようになったのですが「ウェブマーケットのプロショップでお買い物をしていただくには、クッキーを有効にしておく必要がある」というところもあわせて改善することにしました。多くのブラウザではクッキーは最初から有効になっていますが、あえて、無効にしておられる方もいらっしゃいます。それで、プロショップの仕組みを改良して、クッキーが無効でも、お買い物をしていただくことができるようにしました。ただ、クッキーが無効の時は「お買いまわり」をしていただくことはできません。つまり、カートの中には1種類の商品しかいれることはできません。
 ウェブマーケットのプロショップでお買い物をされるときは、是非、クッキーを有効にしていただければ思います。
 では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

コンサート

次の記事

姫路城