ownCloud Ver.9

 店長、ownCloud でホームページや通販用の画像データやプログラムソースを管理しています。今までは、Ver7系列を使っていたのですが、技術の方に無理を言って Ver9 に上げてもらいました。
 処理速度が早くなったという謳い文句ですが、確かに早くなっています。基本的に WebDav なのでべらぼうな速度には成り得ないのかもしれませんが、PCの場合、ローカルホルダーと同期させる運用で複数箇所でのデータの整合性が取れるし、出先で緊急のメンテナンス作業なども出来ます。

 店長は、複数のクラウドストレージを使っていて、ビジネス・プライベート・ボランティアと使い分けています。総容量もなんだかんだで無償で合計150G+ownCloudが80G位あります。全部使っているのではありませんが、ストレージは多いに越したことはないし、自前クラウドなら自由に容量を増やせるので仕事用には利便性が高いです。

20160912-1 この ownCloud 、前のバージョンの時には500Mほどのファイルをアップするのに62,289年かかるとか言われたことがあって、同期する前にこちらが死んじゃうとか思ったものです。
 流石に今回のバージョンはそんなデタラメが表示はなくて、最初の同期の時にも早いとは言えないですが、我慢できないことはない感じでした。実運用では裏でアプリケーションが走っていて、決まったフォルダーとクラウド上のフォルダーが自動で同期を取るようにしていますが、全く気にならない速度で動いています。

 バックアップと同期(RAIDなども含めて)は意味が違いますが、クラウドストレージを使って、同じファイルを複数箇所で同期させることでバックアップに近い運用ができると思います。バックアップに悩んでおられる方、いかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください