イヤホン

エレコム EHP-CH2000SV

 有線タイプのステレオイヤホンを買いました。「エレコム ハイレゾ対応 ステレオイヤホン カナルタイプ 12.5mm ドライバー シルバー EHP-CH2000SV」というものです。Bluetooth タイプの BOSE のイヤホンもあるのですが、スマホ2台とタブレット1台で共有して使うのはちょっと混乱するので有線タイプも一つ買ったのです。
 このエレコムのイヤホンは、常用スマホの DOCOMO SO-02J (SONY製)で使う予定です。このスマホは会社支給で一定量のパケットを何台かでシェアーする契約をしているのですが、他の端末での使用量が少なく毎月沢山余るので管理者特権を乱用して、それを音楽とかビデオで使ってしまおうという魂胆です。もう一台は、Huawei P9Lite (OCN ONE Mobile) ですが、これにBOSE SoundSport wireless headphones を接続して聞いています。

使い勝手:
有線タイプは音楽を聞いている最中に歩いたりすると線が衣服に擦れてガサガサと音がします。店長、仕事用スマホ(SO-02J)は胸ポケットに入れて移動するスタイルで、有線タイプの場合は余った線をスマホと同じ胸ポケットに収納しています。これでガサガサ音は減りますが、駅構内の案内放送を聞くとかで耳から外すと線が伸びてきてしまいます。逆に無線タイプは落ちないように左右の線についているクリップでカッターシャツなどに止めておくだけであまり考えなくても使えます。

音質:
音質は値段が全く違う(5倍差)だけあって BOSE の方が良いように思います。帯域とダイナミックレンジが大きくフラット感の強い聴き疲れしない音質です。短時間の使用ですが、エレコムの方も悪くなくダイナミックレンジも広く、どちらかと言うと華やかな音質です。

エレコム付属品一式

 イヤホンというのは鼓膜に近いので音の良し悪しがストレートにわかります。手持ちの端末機器3台に繋いでみてわかるのは、各機器の音質と言うか品質というのがよくわかるということです。やや難聴気味の店長の耳の特性は決して良いものではありませんのであくまで参考程度ですが、良いと感じる方からSO-02J(Androidスマホ),MouseComputer WM-891(Windows10 2in1タブレット),P9Lite(Androidスマホ)の順番です。当然各機器とイヤホンの相性もあるので、じっくり聞いていかないと最終的な判断は出来ませんが、店長の用途として、就寝前にタブレットに有線タイプをつないで読書(電子書籍)しながら音楽を聞く、電車での通勤時にP9Liteに無線でつないでジャズ聞きながら読書(電子書籍)、外出時の待ち時間ではSO-02Jで有線タイプをつないで音楽やビデオということに成ります。有線タイプのほうは急いで止める場合、機器のスイッチを切るだけでいけますが、無線タイプはイヤホン側も切らないといけないのでやや不便ですから。
 これで、音楽三昧、読書三昧です。そうだ、通勤時に電車でイヤホン+読書で楽しんでいたら、降りるべき駅を通り過ごしてしまったことがあります。慣れている方はそういうことはないのでしょうが、日頃は車通勤でたまにしか電車に乗らない方は気をつけたほうがいいかもしれません。興味深い小説と耳慣れた音楽、ある意味怖いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

次の記事

パソコンの自作