ディスプレーが完全に壊れた

 昨年末に今まで使っていた EIZO 24インチ液晶ディスプレーをフィリップスの31.5インチ4Kディスプレーに買い替えたという話をしています。買い替えたきっかけは使用中のPCとディスプレーが同時に不調に成って、原因を切り分けるためといい加減長い間使っているので新調したかったからです。

 古いディスプレー(EIZO SX2462W-HX)は時々映像表示が出来ずに数秒ブラックアウトしてしまいます。今年に入って、あらためてチェックをしてみました。どうも、2個あるDVIポートの2番めが非常に不安定な感じです。内部配線が緩んでいるか断線しかかっている(ハンダ付けのクラックも含め)ような印象です。1番めのDVIポートは不安定な感じはしません。もう一つ DisplayPort が有りますが、テストしている事務所のPC群には DisplayPort 出力が出来るものがありませんのでノーチェックですが、自宅ではUbuntuを動かしているPCからのDisplayPort出力で問題がありませんでした。
 電源廻りも見ようかと思ったのですが、このEIZO SX2462W-HX は分解しにくいですし、古い(2010年製)ので結構高電圧を利用しています。十分元取ったので修理をする気にはなりませんでした。ジャンク屋さんに売りに行こうかと思わないこともないのですが重いし。どなたか運賃だけ持ってくだされば、差し上げてもいいかと思っています。もちろん改造修理など自己責任でお願いしますが。

 店長、今までブラウン管式も含めて、ディスプレーが完全に壊れたという経験がありません。昔々、医療用ブラウン管ディスプレーを使っていて垂直同期が取れなくなり修理してもらったことは有りますが、映らなくなったの始めてです。今回は超高品質のEIZO製ですので、寿命だと理解することにしました。

 さてさて、一旦、大型(32型)のディスプレーを使い始めると、事務所で代替で使っている21.5インチ・デュアルディスプレーがなんとなく狭く感じます。多分、上下方向が狭く感じるんだと思います。これを機会に仕事用なのですから、無理してでも買い換えないといけないかと悩んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

リモート会議

次の記事

テレワーク