スマートフォン買い替え

 使用中のスマホ「ASUS Zenfone2 (ZE551ML)」が完全に壊れました。前回書きましたが、通勤途上、Amazon Music でスムースジャズをご機嫌で聞いていました。朝、一晩充電したにもかかわらず電池容量が98%にしかならなかったのでおかしいなと思ってはいたんです。その前の晩にもスクロールが出来ず、PCで言うハングアップの様な症状でした。
 で、よせばいいのに電車の中でスマホを再起動しようとしたのですが、再起動してきません。だんまりです。「あれ、壊れたのか」と思って会社へ行って充電はじめたけれど、充電マークがつかない。以後、2日経っても全く無反応でした。いわゆる「文鎮化」です。店長、昔はあちらこちら旅行に行っては文鎮とか買ってきましたけれど、スマホの文鎮は嬉しくない。
 結局、粘っても回復しそうにないのと、結構不便なので新しく買うことにしました。

 買ったのは「HUAWEI P9 lite SIMフリー」と言う機種です。ネットでは結構評判がいいようです。店長、ゲームを全くしないのでそんなにパワーは必要としません。そこそこ使えればよいのです。文鎮となった ZenFone2 は、CPUがインテル製で Android がネイティブでは走っていない感じでした。また、OSのバージョンアップもいつまでもされなくて、ネット上でも少し問題になっていました。
 今回は ARM タイプの CPU なので OS のアップデートも迅速に来ると思われます。セキュリティの第一歩は最新のOSやソフトを使うことなのでこれはありがたいと思います。

 カメラの性能など細かいことはこれから使って確かめていくのですが、なにか感じたことがあればご報告します。

 さて、今回最もびっくりしたのは、実は SIM のサイズ変更です。ZenFone2 は microSIM 、今度のは nanoSIM です。本体を開けてみて初めて気がつく間抜けさでした。カッターで切ったら良いとかトリッキーは話もありますが、今回は素直に、提供会社( OCN モバイル ONE)にサイズの変更を依頼しました。Web上からでもサイズの変更が出来るのですが、これは今までのを電話番号も含めて解約し、新規の契約をし直すというやり方です。
 電話番号を維持したい場合は「カスタマーズフロント」に連絡するようにとのことです。で、日曜日の朝から電話をしました。ものすごく待たされるのかと思いましたがあれこれ宣伝を聞かされながら10分ほどで人間につながりました。
 サイズ変更を依頼したいこと、電話番号は変えたくないこと、スマホが潰れて新しいスマホが手元にあるけれど SIM サイズが合わない、なんとかして欲しいと泣き言を言いながらお願いしました。「そういう事なら今すぐに手配します。」とお返事を頂いて電話を切りました。通常は1週間程度と言われたのですが、今回なんと、水曜日の夕方には自宅に到着していました。本当にありがたいと感謝しています。

 ということで、大急ぎで環境の回復をしているのですが、Googleの自分のアカウントを登録したら、自動的に前にインストールしていたアプリなどを準備してくれました。流石に、各アプリともIDとかPWなどは自力でなんとかしないといけなかったですが、2時間ほどでほぼ元の環境に戻すことが出来ました。びっくりです。

 今回は、OCNの担当の方のおかげで、最小限の時間で回復出来ましたし、Googleへのバックアップも有効なんだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください